阪堺電車ではない▼撮影=04/30/07(電車3枚とも)、05/02/07(船) 緑色の路面電車、蘇鉄(本当は椰子の木)を見て、これは大阪府堺市宿院付近を走る阪堺電車だと思ったら大間違いである。これは、ニューオーリンズの市電である。まぁ、タイトルを見ればわかるだろうが。
欲望という名の電車 映画『欲望という名の電車』で、ヴィヴィアン・リーが降りてくるシーンが印象的だった古風な顔つきの電車は、カトリーナのあとも健在だった。よかった。
 24年前に行った時には、どちらかというと近代的な建物が並ぶ地域には足が向かなかったが、今回そちらの方に宿をとり、コンベンションセンターまで歩いてみると、ミシシッピ河沿いには、赤い電車の専用線もあった。ライトレールのような駅ではあったが、同じ古めかしい顔をした電車が走っていた。よかった。
Kサツのものではないようです ちょうどその専用線に沿って、昔はなかったモールがある。昼飯を食いにフードコートに行ったところ、こういう店舗にしては珍しく、夜だけ営業の店が多く、しかも酒を出す(カリフォルニアのフードコートではまずない)ようだ。窓からはミシシッピ河が一望でき、この日はヘリを搭載したクルーザーが。誰が来ているんだろ。ユニオンジャックをあしらった旗が船尾に合ったので、「英領**」とか「元英連邦**」の船籍か? そういえば、コンベンションの展示場には、キャプティヴの誘致に、そういう国のブースもあったっけ。それにしても、ヘリはいらないのでは?
 閑話休題。
夜の欲望 路面電車はやはりこういう「いかつい顔」をしていてほしいモンだ。今回は乗る機会はなかった、というか、乗るほどの距離を移動することはなかった。お客さんを連れてバーボンストリート近くの日本料理店へ繰り出した時に、「話の種に」ということで乗せようかと思ったのだが、待てど暮らせど電車は来ず、断念した。タクシーの運転手の話によると、夜中まで運行しているということだったが、見ていたところ、閑散時は20分に1本がいいところのようだ。
 夜の電車の写真を見ると、この電車が「欲望」のイメージによく合っているような気がするのは、飛田付近を走っていた阪堺電車(当時は南海電車)の平野線を思い出すからだろうか。