何で踏切?▼撮影=05/25/07 線路がなく道路だけなのに踏切? 勿論鉄道廃線跡なのだが、日本ではこんなに「杜撰」な撤去の仕方は、まぁしないだろう。だが、乗ったことのない鉄道に思いを馳せるのも、筆者にとってはひとつの旅情だ。たぶん、ゴールドラッシュの頃に拓けたこの街にとって、鉄道は現代のインターネットと同じ役割を果たしたに違いない。そんなことをしみじみ考えてしまった。
 ここは、北カリフォルニアのサン・ラファエル。小ぢんまりとした静かな小都市だ。サンフランシスコ、オークランドには車で混んでいなければ30分ほど。よく見れば踏切の左方には、列車がなくなった後の公共交通であるバスのターミナルがある。このういう光景は、日本の地方に行っても見られるだろうが、踏み切りは流石に残っていないだろう。 
 駅の名残り さらに、2枚目に注目。どう見てもこれは駅舎の跡ではないか。線路もしっかり残っている。かなりいい加減だ。鉄道による都市間の旅客輸送が、殆どその役割を終えてしまったカリフォルニアでは、このような、言わば「鉄道遺跡」が再利用されているケースも多い。廃線跡を整備して、観光列車を走らせているところもあるほどだ。
 現存するアメリカの鉄道駅は、日本のようにちゃんとしていないので、こんな感じの駅があっても決しておかしくない。今にも列車が走ってきそうだ、といいたいところだが、走ってきたのはピックアップトラックだった。
 カリフォルニアの各都市では、車に代わる公共交通が見直されている。ずっと市電があったサンフランシスコなどは別にして、ロサンゼルスも、州都サクラメントでも、かつて引っぺがした鉄道線のあとに、そのままライトレールが走り始めている。
 あほやなぁーと思うが、思い切ってそれをやってしまうのは、アメリカだなぁと思う。