私書箱は一般家庭でも使う撮影=04/23/07 アメリカも郵政事業は公社化されている。
 今は昔、郵政長官といえば、アメリカでは上位にランクされる「大臣」だったという。だからこそ、大東亜戦争直前に、ウォーカー郵政長官に関係する人物からの日米国交正常化案が、日米交渉に発展する訳だ。これは恩師である須藤眞志教授からの受け売りだ。いや、細部は違うかもしれない。というのもこれを書いている現在、某所から入手した菊水酒造の「ふなぐち一番しぼり熟成吟醸生原酒」という、アメリカでは売っていない旨い酒を飲んでいるからだ。濃厚でとろりとした口当たりは、ちょっと珍しい。あとひと缶しか残っていない。誰か送ってくれ。
 あれ、何の話だっけ。そうそう、郵政公社。
 アメリカでは民営化の話はない。巨大すぎて無理だろう。独占禁止法との絡みもあるかもしれない。
 職員は「親方星条旗」根性の人がまだ多いような気がする。
 気のいいおばさん、おじさんがいるのは確かだが、仕事はのろい。
 そんな中で、日本が見習うべきサービスも存在する。
 最初の写真は私書箱だ。アメリカでは、郵便物が盗まれるという犯罪も多いし、見知らぬ人に住所を教えたくないということから、一般家庭でも私書箱を良く使う。料金は安い。小さい私書箱なら半年で$50だ。私書箱に入りきれないものが届いたら、ちゃんと保管して、そういうものが来ているよ、という通知を私書箱に入れておいてくれる。場所にも寄りけりだが、治安の良い場所では24時間私書箱を開けることができる。
 拙宅でも使っている。実際ウチでは、2回もクレジットカード情報を盗まれ、使用されたことがある。勿論保険ですべてカバーされたが、けしからん話だ。犯人は○国人だった。いやはや。
 というわけで、友人にもとりあえずは私書箱の住所を教えている次第だ。
ここでもドライブスルーこれはサービスではない 切手がカラフルなのは、今に始まったことではないが、毎年デザインが変わる恒例のディズニー切手や、スターウォーズやアメリカンヒーローなどのテーマ切手など、柔軟性に富むデザインの特殊切手は貼るのが楽しくなる。最近ではプレゼント用に、オリジナルデザインの切手を作るセットが販売されている。
 あとは、クレジットカードを使うことができることはありがたい。切手でさえクレジットカードで買える。だめなのは、マネー・オーダー(為替)を作るときだけだ。
 2枚目は、郵便局の外にある、ドライブスルーのポスト。
 車から降りなくても投函できる。アメリカらしいといえばそれまでだが、実際これは便利だ。仕事に行く途中で、アサイチの収集に間に合うようにポストに投函したいことはよくあるが、イチイチ車から降りなくても良いのは、思いのほか便利だ。駅前にポストがある日本とは訳が違う。もっとも、アメリカの場合、駅の周りは治安が悪いと相場が決まっているから、駅前にポストがあっても、小生は投函しないな。きっと。
 最後はアメリカの郵便集配人。Mr. PostmanならぬMs. Postwomanだ。しかもややミニ気味のスカート着用だ。
 アメリカでは、スカートの女性は少数派だ。ヒスパニックのおばさんは別だ。
 勿論、Ms. Postwomanが必ずしも皆がこういう格好をしているわけではない。それどころか、郵政公社の末端の社員は、アルバイトなので、制服はおろか、車も自分の車で集配する。ベネフィットが良い郵政公社にもぐりこむために、まずはこのアルバイトから入るという人も多い。
 この制服が気に入ったからとて、どこででも見られるというわけではないので念のため。そんな物好きはおらんと思うが、制服マニアはいるからなぁ…。