このバンは送迎用▼撮影=10/08/08 お久しぶりです。数少ない読者の皆様。写真はちょこちょこ撮っているのですが、なかなか文を思うように書けずに、延び延びになってしまいました。
 さて、これはカリフォルニア州ヴァカヴィル(Vacaville)市にある、某(あ、名前も写ってるか)支那料理のバイキングのレストランである。
 変な言い回し。
 支那料理でありながらバイキングと言うのもおかしな話だ。そう、バイキング料理と言うのは日本語であって、こちらでは、バフェという(間違ってもビュッフェと言ってはいけない。こだま号ではない)。あるいは、オール・ユーキャン・イートという。そのまんま、食べ放題とおいうことだ。
 アメリカにはこの手のレストランが多い。そして、不況になって、外食が廃れているが、この手のレストランだけがにぎわっていると言う話だ。
 さてこのレストラン、先日経営者が摘発された、曰くつきの店なのだ。
 実は、従業員のほとんどが、中南米や支那からの不法移民だったのだ。経営者は、ほかにも北カリフォルニアに2つのレストランを経営していて、そちらでも不法移民を主に雇用していたとのこと。給料は月450ドルで、十数人をひとつの家で合宿させていたらしく、地元では「現代の奴隷」とまで報じられていた。この写真は報道から1週間ほどたってからのものだ。
 この写真の左にある、GMの古いバン。
 仕事の関係でこのあたりをよく通るのだが、とある朝、揃いの赤いシャツを着た支那人とおぼしき一団が、このバンから降りてくるのを目撃したことがある。変な宗教団体かと思ったが、今から考えれば、その「奴隷」の出勤風景だったのだ。
 それはさておき、バフェレストランで有名なのは、ラスベガスだ。
 博打の街だと思われがちだが(実際そうなのだが)、ベガスは芝居の街でもあり、そしてバフェの街でもある。ホテルのレストランには必ずこれがあり、趣向を凝らした料理が供される。尤も、あまり期待しすぎるのはよくない。所詮食べ放題なのだから限界はある。狙いは、曜日を決めて行われるシーフードディナーや、感謝祭やクリスマスなどの特別料理だ。小生は料理よりも、デザートが楽しみだ。え”? 酒飲みじゃなかったのかって? そうなのだが、甘いものにも目がないのだ。体が持たん。今日も、「チーズケーキ・ファクトリー」で、食べたいものを1つだけ選ぶのに10分以上かかってしまった。
 もとい。
 ファミレスの延長線上にあるバフェでは、「ホームタウン・バフェ」という店が有名だ。言ったことはないが、近所の店では、平日の夜から賑わっている。一度行かねばと思いながらも、この写真のバフェで、以前、くわえタバコでの餃子包み作業を窓越しに目撃してから、バフェに対する信用度が、自分の中で急落してしまったのだ。まぁ、店が違えば衛生管理も違うだろうし、そんなことを言い出せば、外食などできはしないのだが…。
 で、事件は、経営者の逮捕(聞くところによると、2回目の摘発だそうだ)と、不法就労者の強制送還で幕を閉じることになるだろうが、この不法就労者たちには、カリフォルニア州の最低賃金との差額が、経営者から支払われることになるらしい。仮令不法就労であっても、最低賃金は法律で保証されているからとのこと。
 そんなことするから、不法就労が後を絶たないんじゃないの?