数字の順に並ぶ乗客たち▼撮影=03/10/09 サウスウエスト航空については、日本でもたまに報じられているのではなかろうか。不況下で苦しむ航空業界にあって、優良企業のひとつだ。筆者も出張では愛用している。日本語というか、支那語で表記すれば「南西航空」。かつて沖縄の離島を結んだJALの子会社を思い出す。
 サウスウエストは何よりも安い。これは航空運賃だけの話ではない。例えば、国内線で荷物を預けるときに、最初の1個目から$20もチャージする守銭奴のような航空会社があるのに比して、サウスウエストは2個目まで無料なのだ。これだけでも$40違ってくる。しかも運賃そのものも安いのだ。
 サービスは悪いのか? スッチーに中年男女が多いのは、アメリカではどこの航空会社も同じだ。因みに友人の姉は50代だが、バリバリの現役スッチーだ。サウスウエストもソフトドリンクも結構な種類のサービスがあるし、ピーナッツ(かつてハニー・ローステッドピーナッツは、アメリカ国内線の定番サービスだった)も未だにくれる。国内線には水さえ出さない(有料で販売している!)という、鬼のような航空会社もあるのに、父の日、母の日などには、無料でアルコール飲料を振舞うサービスさえあるのがサウスウエストなのだ。
 ただ、この航空会社の唯一の欠点が、早い者勝ちの自由席だということだ。
 以前はプラスチックの札を渡されたのだが、今ではサウスウエストも搭乗券を配るようになり、そこにはA〜Cの記号と番号が印刷されるようになった。A1〜30、A31〜A60、B1〜30…の順に、順番どおりに並んで搭乗するのだ。写真は某地方空港で搭乗を待つサウスウエスト航空の客の列だ。早い番号を手に入れるためには、24時間前から可能なオンラインチェックインを済ませておくことだ。でないと番号が遅くなり、一緒に予約していても連れと別々の席に座る羽目に陥ることがある。
 番号を渡すなら、座席指定にしてしまえばよさそうなものなのだが、そのようにコンピュータ・システムを変更すれば、料金に反映させざるを得ない。だからサウスウエストは、客の不便の方を選択しているのだ。
 今年はついに、念願だったニューヨークへの進出を果たしたサウスウエスト。ライバル会社は、「サウスウエストは航空会社じゃない。空のバス会社だ」と陰口を叩くが、負け犬の遠吠えにしか聞こえない。料金が安いだけじゃなくて、サービスだってサウスウエストの方がよいし、マイレージの会員制度も始まっている。スッチーの制服はポロシャツにスラックスだけど、そんなものどうでもよい。
 かくして貧乏旅行者である筆者は、サウスウエストを使い続けるのだった。