こんなところで儲かるとは思えん▼撮影=04/23/10 久しぶりのエントリである。急がしいったらありゃしない。
 空港にスロットマシーンがあるというのは、ラスベガス空港が有名だ。ラスベガスが博打の都だから仕方がない。たぶん、空港でスロットをしようかという人は、一攫千金を夢見てなどいないのだろうけど、帰る前にさびしくなった懐が、少しマシになればいいと考えて、手を出してしまうのだろう。博打は病気だとこの国で認識されていることは既に書いたが、空港で儲けさせるほど、博打会社もアホではなかろう。かくて、ポケットの小銭まで吸い取られて、多くの客は膨らんだ夢をしぼませて帰ることになる。
 さて、このスロットマシーンは、ベガスの空港ではない。同じネバダ州にある、リノの空港だ。金曜日の午後は、サンフランシスコ方面から北東に伸びるハイウェイ80号線が矢鱈混むのだが、その車の多くが、西部第二の博打の都、リノへ向かう車なのだ。
 ベガスほどではないが、好き者が集まる町だから、やはりこの空港にもスロットマシーンはあった。しかも、日本でも人気だという"Sex and the City"のキャラクターもん。右端にある、"Wheel of Fortune"(がんがん賞金を出す人気クイズ番組)のスロットはベガスで見た事があるし、正直に言うと、何十ドルかつぎ込んだ(つぎ込むというほどの額ではないが)。出目が揃って、テレビと同じサウンドが聞こえると、ルーレットが回って、ちょっと大目の出玉があるという仕掛けに、ついつい熱くなってしまうのだ。
 "Sex and the City"は、出演女優の顔が嫌いだから、観たことないけど、好きな人にはこぉいったキャラクターもんはたまらんだろう。残念ながら、リノ空港には"24"や"Prison Break"のはなかったが、あったら結構人気が出るだろうな。ベガスではあるかも。このあたり、日本のパチンコと似ているな。
 で、何でおまえはそこにいたのかって? 飛行機の乗り継ぎ。接続便がこの空港しかなかったのだ。スロットマシーンするために降りたわけじゃないので念のため。