なぞの幾何学模様?▼撮影=04/25/10 日本にいたころ、テレビのSFドキュメンタリーもどきが好きだった。UFOとか心霊現象とか、笑いながら見るのが大好きだった。矢追純一とか。今はどうか知らんが、そういう番組では、もとのテーマから外れて、様々な超常現象とか怪奇現象を紹介することもよくあった。伝説のビッグフット(これは和田アキ子のことらしい)、ネッシー(これは新聞によれば、結局悪戯だったらしい)、チュパカブラ、織田無道。こういうのが、同じジャンルに収まっているのがテレビのそっち系の番組だ。
ネバダだもの で、そういう中で結構面白かったテーマのひとつに、ミステリーサークルがある。UFOの目撃譚などは、いくらでもでっち上げられるし、映像も怪しげなものが多かったが、ミステリーサークルは、実物を取材に行けるもんだから、ちょっと100%笑い飛ばせないものがあった。これもいたずらだったというが、それにしては手が込んでいるし、大掛かりだし、いたずら以外の現象も(勿論、自然現象も含めて)あるんじゃないのかと、まだ思っている。
 そんなある日(別に、いつもミステリーサークルのことを考えていたわけではないのだが)、デンバーからカリフォルニアに帰る飛行機に乗っていて、ふと機長の「今、ラスベガスの近くを飛んでるでー」と言うアナウンスに眼を覚まして外を見たら、それが、あいたばかりの眼に飛び込んできた。
あやしいカタチ
 場所もまた、ネバダ州の某所で、ネバダ州といえば、エリア51を思い出させてなにか怪しい。ネバダとニューメキシコは、とにかく怪しい。これこそミステリーサークルだ。
 しかし、よく見ると、テレビで見たミステリーサークルと違って、安っぽい。よく見ると円が単純に規則正しく並んでいる。そして、しばらくするとまた違うサークルが見えた、飛行機の窓からだから、はっきりと正体はつかめないが、どうやら農家の人が、何かをふつーに栽培しているのだが、たまたま、耕運機(というのだろうか)が使いやすいように、円形やその他の、上空から見たら変わった形にした…といったところだろうか。しかし、上空からはっきり形が分かるということは、かなり正確に、大きくそのカタチを描いたわけで、何か意図があるはずなだ。
 わからん。だからこれだって、立派なミステリーサークルと言えよう。誰か答えを教えてください。